ほたるいか塩こうじで新若芽のお椀

―春を感じる温かいお出汁に、ほたるいかを入れて―

準備時間 30分 / 調理時間 15分

2人前


材料

ほたるいか塩こうじ・・・1瓶(80g)
極み出汁・・・1パック
水(出汁用)・・・400㎖
わかめ・・・20g
菜の花・・・4本
まり麩・・・適量
塩・・・適量



作り方

① 鍋に分量の水を張り、極み出汁パックを加え中火で出汁を抽出する。
② ほたるいか塩こうじを解凍し、ざるで水気を切っておく。
③ 鍋に湯をはり、約90℃(鍋底に泡がつくほど)に温め、②をざるのまま湯通しし、
全体がぷっくりとするまで、火を通す。
④ 別の鍋に湯を沸かし、菜の花を湯通ししておく。
⑤ まり麩は水でもどしておく。わかめは食べやすい大きさにカットしておく。
⑥ ①の味をみて、必要であれば塩を加え調味しておく。
⑦ お椀に③④⑤を盛り、上から⑥を注ぐ。

※具材は季節のものであれば何でも良いです。先に具材を湯通ししておくと、見た目も美しく仕上がります。
※味噌や、酒かすを加えてアレンジしても良いです。

ほたるいか沖漬け 塩麹味
ほたるいか沖漬け 塩麹味

ほたるいか沖漬け 塩麹味

富山湾産のほたるいかを使いました。