いい魚とは何か。

美味しいのはもちろん、
絞め方も、保存状態も、加工のしやすさも、
すべてがかかわって「いい魚」と判断する。
そして、これからもすべての人が納得する
「いい魚」を提供する。
ここ富山県氷見市から、「いい魚」約束します。

氷見の魚

富山湾は「天然のいけす」と呼ばれています。

3000m級の立山連峰とその山並みからの雪解け水や雨水は、森林を通って河川に流れ込み、やがて富山湾へとたどり着きます。
富山湾には、大陸棚から一気に湾底まで落ち込む海底谷があり、その付近は栄養が豊富なプランクトンや海藻が育ちます。
対馬暖流と水温が年間を通して1~2℃の日本海の深層水で、暖水性から寒水性まで多種多様な魚が集まります。
そして、能登半島が定置網の一部のように張り出しているため、回遊魚が入り込みやすく、まさに地形と環境が生んだ「天然のいけす」です。
今でも40数ヶ所もの定置網が設置されており、県内随一の漁獲量を誇っています。

この魚場で獲れた魚は、「氷見の寒鰤(かんぶり)」「氷見鰯」をはじめ、全国にブランド魚として知られています。

ひみ寒ぶり

「ひみ寒ぶり」は、富山湾の王者。

ぶりは、春から夏にかけて日本海を北上し、晩秋から初冬にかけて南下、富山湾へ来遊します。そして11月末から12月上旬にかけて、いわゆる「鰤起し(ぶりおこし)」という雷鳴をともなった大シケがくるとぶり漁の最盛期が幕開けします。

ぶりは、成長にともない呼び名が変わるため出世魚といわれ、氷見では、モジャコ→ツバイソ→→フクラギ→ガンド→ぶりと呼びます。
また、ブランドである「ひみ寒ぶり」とは、富山湾の定置網で漁獲され、魚体や重さが一定の水準を満たした鰤だけが名乗れます。

そして、氷見魚市場で競られ、威勢のいい掛け声の中、つい先程まで富山湾を泳いでいたぶりは料理人のもとへ。刺身、ぶりしゃぶ、ぶり大根など、余すことなく様々な料理となるぶりは、料理人の腕の見せ所となるべく、全国各地へ出荷され、最高級ブランドとして名を馳せることとなるのです。

お取引について

食品スーパー・小売店の方へ 


老舗魚問屋が目利きしたお魚を仕入れてみせんか?
魚の冷蔵庫や保存方法も伝授いたします。
ひとりでも多くの方に、「いい魚」を、ともに届けましょう。

飲食店の方へ 


老舗魚問屋が目利きしたお魚を仕入れて、使ってみませんか?
氷見直通ならではの鮮度をお約束し、「いい魚」をお運びいたします。

一般の方へ鮮魚の小売販売は行っておりません。あらかじめ、ご了承下さい。

直営店のご案内
FLAGSHIP STORE

2018年の春、富山県高岡市の歴史ある町「山町筋」に松本魚問屋の直営店を設けました。
ここでは松本魚問屋のほぼすべての商品を並べており、日々の食卓のおかずやお土産、ギフトとしてご購入いただけます。

お知らせ

ウェブマガジン旅色の東海北陸お取り寄せグルメ&観光特集に紹介されました