氷見鰯アンチョビと極み出汁で冷氷見うどん

冷出汁でさっぱり。紫蘇とアンチョビを混ぜ和風な薬味に
 

準備時間 24時間 / 調理時間 30分

2人前


材料

 氷見鰯アンチョビ・・・1/4瓶

 極み出汁・・・1ティーパック

 氷見うどん・・・1束(200g)

 レモン皮・・・1枚

 水・・・500㎖

 ごま・・・大匙1

 紫蘇・・・6枚

 白醤油・・・20㎖


作り方

  1. ボールに極み出汁パック、分量の水、レモン皮を入れ冷蔵庫で一晩付け置く。
  2. 鍋にたっぷりと湯を張り、氷見うどんを指定の時間茹で、氷水で締める。
  3. 1.の味をみて、白醤油で味付けする。
  4. 氷見鰯アンチョビと紫蘇を荒く細切りにし、ボールの中で胡麻と混ぜ合わす。
  5. 冷やしたお皿に2.のうどんを盛り、3.の出汁をかけ、4.を上に盛る。

※氷見うどんはたっぷりのお湯を使い、対流させながら茹でて、氷水で急激に締めることでつやが出て美味くなります。

※紫蘇アンチョビは天盛りにせず、薬味として小皿に用意し、冷出汁に溶きながら食べても美味しいです。味のイメージは酸味のない梅干しです。

氷見鰯アンチョビ

富山湾氷見の高級国産鰯を使用したアンチョビです。

極みだし

極みだし

化学調味料・保存料不使用 国産アゴ入りだし