2023年「ひみ寒ぶり宣言」が出ました!

本日12月23日(土)、氷見漁港に1,852本のぶりが水揚げされ、待望の「ひみ寒ぶり宣言」が出されました!
いよいよ本格的なぶりのシーズン到来です。

「ひみ寒ぶり」とは?

氷見魚ブランド対策協議会がぶりの大きさ・数量・形などを見て、本格的なシーズンが訪れたことを判断すると「ひみ寒ぶり」宣言を行います。そして宣言期間中に氷見漁港で競られた、6kg以上のブリが「ひみ寒ぶり」として出荷されます。

宣言期間中の「ひみ寒ぶり」は、氷見漁港で競られたことを証明する販売証明書が1本につき1枚発行され、「ひみ寒ぶり」と書かれた専用の青い発泡スチロールに入れて出荷されます。 この青い発泡スチロールと販売証明書が「ひみ寒ぶり」の証なんです。

過去10年間のひみ寒ぶり宣言日

「ひみ寒ぶり宣言」は毎年11月〜2月頃に出されています。前年に比べると約1ヵ月遅く、宣言見送りになった年を除くと過去3番目に遅い宣言開始となりました。

【2013年度】 2013年11月13日〜2月7日(62,086本)
【2014年度】 2014年12月25日〜2月10日(32,395本)
【2015年度】 宣言見送り
【2016年度】 2016年11月25日〜1月31日(27,125本)
【2017年度】 2017年12月2日〜2月3日(8,058本)
【2018年度】 2018年12月1日〜1月19日(14,125本)
【2019年度】 2019年11月20日〜2月1日(17,646本)
【2020年度】 2020年11月21日〜2月6日(37,593本)
【2021年度】 2022年1月6日〜22日(11,013本)
【2022年度】 2022年11月26日〜2023年1月13日(21,740本)
【2023年度】2023年12月23日〜

旬の「ひみ寒ぶり」を味わい尽くす

松本魚問屋では一本丸ごと・ぶりしゃぶ用・お刺身用など、「ひみ寒ぶり」を楽しめるさまざまな商品をご用意しています。今シーズンの新商品・冬季限定品の「ひみ寒ぶりのたたき」もおすすめです。

脂がのった旬の「ひみ寒ぶり」を思う存分お楽しみください!

おすすめ記事